Vol.2  2013年入社~商品営業2課 川島さん

 チャレンジ精神が買われ、未経験の営業に挑戦

  入社後、経営管理として各部門の数値管理を任される中で様々な業務改善提案をしてきた川島さん。社員から改善提案を募る「改善提案委員長」を務めたときには持ち前の提案力を発揮し、月平均10件にも満たなかった改善提案を月平均30件集めるようになりました。その後、社員間のコミュニケーションを盛り上げる「社員会委員長」に任命され、川島さんが企画する思い切ったイベントの内容に驚いた社員も多かったといいます。

 その時培われたチャレンジ精神や実行力が買われ、1年前に東京に転勤、未経験の商品担当に命じられました。初めは先輩社員と商談に行ってもほとんど話せないという悔しい思いをし、仕事でもプライベートでも商品の勉強やヒアリングを重ねる日々。迎えた次の商談、得意先様から「すごく良い意見!」と感謝されました。約1年の商品担当を経験した今は、営業担当として得意先様への商品提案に加え、各部門と連携をとりながら、商品が掲載されるチラシ紙面の校正から商品が無事納品されるまでのフォローなどさらに仕事の幅が広がりました。

 仕事をする上で常に大切にしてきたことは自ら考え動くこと。「ジッと待っていても商品知識が身に付いたり、上手く商品の魅力を伝えられるわけがありません。自分から積極的に動かなければ。」営業担当として収益を上げる使命感に燃えています。

川島さんへの一問一答

1 営業担当というとハードワークのイメージがありますがワークライフバランスは保てていますか?

確かに仕事が多岐にわたるので業務量は多いのですが、あまり残業をしないよう工夫し、休みもしっかり取っています。東京支店は池袋にあるので会社帰りに友人とご飯に行ったり、家でゆっくり映画を見たりして、オンオフ切り替えています。休日は趣味のバンド活動をしたり同僚と結成した写真サークルで撮影に出かけることもあります。(写真右:写真サークルで動物園に撮影に行ったときの一枚)

2 学生さんにこれだけは伝えたい!     

カワタキは何でも「やりたいです!」と大きな声で言えば任せてもらえ、自分で考えて自分で行動して自分で結果を出すことができる社風です。過去を振り返ればルーチンワークに手一杯で、自分で考えて行動できていない時期があり、今考えるととてももったいないことをしたと思っています。自分で考えて行動して、できることを増やし、経験を積み、知識を増やし、5年後や10年後に「これが私が努力してきた成果です!」と胸を張って言えるようになれば、自分の自信につながり、もっともっと楽しい人生になると思います。      

マイナビ

当社紹介画像が閲覧可能です。